交通事故になった時のために知識を磨こう

メインイメージ

弁護士への依頼方法

交通事故、弁護士への頼み方を説明します。

自動車を運転していて絶対避けたいのが交通事故ですが、自分がぶつけなくとも、人の自動車にぶつけられる可能性があります。事故は「あっ」と思ったときには、もう避けることができなくなっています。また、被害者になる可能性も、加害者になる可能性もあります。もしも交通事故にあってしまった場合、強制加入の自賠責保険と任意での加入の保険で対応していくことになります。

交通事故での保険金を支払うのは保険会社ですから、当然保険会社が有利なように保険料を算定することがあります。
また、事故の被害者になった場合、相手方から示談交渉や保険会社が提示する保険料というものがありますが、これらの提示される金額に被害者自身が納得いけば「示談の受け入れ」「保険料の受け取り」をすればいいです。しかし、交通事故と言うのは何度もおこるものではありません。
従って、一般的な人であれば、示談交渉で、提示されている金額または、保険会社が示す保険料の金額が、その事故と比べて妥当な金額が提示されているのか分からないというのが、普通の感覚です。そこで、これらが妥当なのかどうかを第3者に判断を求めるというのがいいと思います。
一番頼りになるのが、交通弁護士です。しかし、頼み方が分からないという人が多いのが現状だと思います。まずは直接法律事務所に連絡してみたり、日本司法支援センター(法テラス)に連絡して、交通事故での弁護業務に強い弁護士を紹介してもらいましょう。

このように第3者に交通事故の示談交渉などを頼むメリットとしては、被害者が直接示談交渉をする場合、相手方は法律の専門家ではない被害者に威圧的になったり、脅しまがいの交渉をすすめてくる可能性があります。

事故の調査能力を一般的な人は持っていません。その調査能力をプロであれば様々な人脈や経験から存分に発揮することができます。また、一般的な人であれば事故書類の作成を自分でやった経験を持っている人は少ないと考えられます。難しい専門用語などに手間がかかり、本業がおろそかになる可能性があります。

このように、事故の際の示談交渉は専門家である交通弁護士に依頼するのが一番効率のよい方法です。このように専門家に頼むのは大げさなのではないかと考えることもありますが、専門家の方がスムーズに物事をすすめてくれますし、後味の悪いものにはならないと思います。

頼み方はまずは、弁護士を紹介してくれるところに連絡をとり、交通事故専門の人やその道に強い人を紹介してもらうのが一般的です。

最近の投稿