交通事故になった時のために知識を磨こう

メインイメージ

損害請求

交通事故の物損における損害請求

車の運転は十分に気を付けていても、相手の不注意で交通事故に巻き込まれる事もあります。またその反対に一瞬の気の緩みや、脇見等で交通事故を起こしてしまう事もあります。

任意保険とはそんな万が一に対応する為にありますので、事故が発生して保険会社に連絡をすると、出来るだけ早急に駆けつけてくれます。その交通事故が車同士の接触等の場合は当事者の保険会社が間に入る事で、事故の当事者同士が直接交渉をする必要は無くなるようです。その場合は過失相殺をして必要な割合に相当する金額の支払いが行われます。

事故直後はそのように双方で話し合いが付いた時でも、時間が経つに連れてその約束事も少しずつズレが生じる事もあるようです。

例えば過失割合から相手方が自分の保険で修理するべき車の破損を、相手方に支払うように言う事もあるようです。
過失割合の大きい方は免許の点数の兼ね合いも有り、人身事故扱いになる事を避けたい心情を逆手に取られて、修理代を出さないのなら人身事故扱いにする等の軽い脅しを掛けられる事もあるようです。

そのような時には保険会社を通すように言う事が大切ですが、同時に弁護士に相談をしておくと良いでしょう。

それによって法外な金額を請求される心配も減ります。損害補償金には基準があり、どのような費用を負担するべきか、またその金額の計算式とはどんなものか等、事細かに定められているのでその基準にそって請求をする必要があります。
それでも半分脅しながら基準とは大きく外れた金額を請求する被害者に困った時には、弁護士に相談をする事が最も有効と言えます。

弁護士と聞くと、高い費用を支払わなくては相談に乗って貰えないのではないかという心配があるかも知れませんが、インターネットを検索してみると、交通事故の問題に強い弁護士の先生が無料で相談に乗ってくれるサイトもあるようです。

このようなサイトでは専用フォームに悩みを書き込んで回答を待つ方法や、サイト内で地域やカテゴリで自分に合う先生を探す事が出来るので、そこから無料通話で話を聞いて貰う事も出来るようです。
その際には実際に依頼をする可能性も考えて、住所のある場所から近い所に事務所を構えている先生を探すと、引き続き継続して依頼をする事も可能となるでしょう。

サイト内には各法律事務所へのアクセス方法や、どんな問題を解決してくれるか等も記載され、更に先生方の顔写真も掲載されているので、安心して話が出来そうな先生を選択出来るという事です。

最近の投稿